フリーランスで働くのは時間の制約がないなど、憧れる面がたくさんあります。
ですが自由な分、責任などが大きくのしかかってきます。
特に生活を維持するためには一定の収入が必要ですから、毎月決まった収入が得られるように考えておかなくてはいけません。

いきなりフリーランスで働く人は少ないと思います。
企業などで勤務している間にフリーランスになるための準備をしている人が殆どだと思いますが、この準備がどれだけ出来ているかによって、安定するかどうか違ってきます。
データベースエンジニアがフリーランスで成功するには、比較的難しくはないと言われています。
良い仕事をしていれば、必ず収入に繋がる、というのです。
確かに企業にとっては顧客情報や商品情報というものはとても重要なものです。
外部に漏れるようなことがあっては、企業の存続にも関わってきます。
このような重要な部分に関わる仕事をデータベースエンジニアは任されていますので、一度信頼を得ることが出来ればそのまま続いていくことが可能な仕事なのです。
担当していたデータベースエンジニアがフリーランスになった場合、直接委託する企業が多い、ということなのです。

そのほかで言うと、スマホやタブレットが急速に進んだ現在で需要が高い職種はネットワークエンジニアです。
インフラ面に強かったり、セキュリティ面のスキルや経験があるとより企業からの需要は高くなります。
加えてビッグデータを扱えるという人であれば、独立したあとも案件に困ることは少ないといえるでしょう。
これからのフリーランスの形はこちらの「フリーランス目線!ネットワークエンジニアの実情」が分かりやすいと思います。

これはフリーランスを目指す人にはとても心強いことだと思います。
丁寧な仕事、企業の実務者が使いやすいもの、将来的に利用できるものを作ることが企業に安心と信頼を生みだします。

継続してネットワークやデータベースシステムを任されるようになれば、フリーランスであっても安心できるのではないかと思います。
その為にも良い仕事をするように心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です